飛田流輝(スノーボード)の身長やプロフィール!父親や兄弟は?戦歴も調査!ビッグエアの動画がスゴい!【北京オリンピック】

スポンサードリンク

こんにちは!cocoです♪

2022年2月に開幕する

北京オリンピック

スノーボード男子ビッグエアとスロープスタイル

日本代表の飛田流輝(とびた・るき)さん

2種目でのメダル獲得を目指しており、

活躍が期待される選手のひとりです

そこで今回は、飛田流輝さんについて調査しました

身長やプロフィール

父親や兄弟

戦歴やビッグエアのスゴい動画など

ご紹介していきます

スポンサードリンク

飛田流輝(スノーボード)の身長やプロフィール!父親や兄弟は?【北京オリンピック】


出典:株式会社ウィルレイズ

身長やプロフィール

飛田流輝(とびた・るき)

生年月日 1999年5月7日

年齢22歳(2022年1月現在)

身長:165cm

体重:50kg

出身地:東京都

ウィルレイズ所属

趣味:バス釣り、サーフィン、スケボー

好きな食べ物:焼き肉、すし

現在、飛田流輝さんは

日本体育大学スキー部4年生

同部には、

スノーボード男子ハーフパイプ・戸塚優斗選手

アルペンスキー男子・竹内力音選手

アルペンスキー女子・水谷美穂選手

フリースタイル男子エアリアル・五十嵐晴冬選手

なども在籍しています

父親や兄弟は?

そんな飛田流輝さんは

なんと1歳の頃から父親に抱かれて

ゲレンデを滑っていたそうです

そして3歳頃から父親の影響でスノーボードをスタート

小学生時代には、

ハーフパイプの大会に出場

飛田流輝さんには兄が1人いて、

兄もハーフパイプの大会に出場していました

飛田流輝さんのハーフパイプの成績は

小学校低学年時に年代別大会の関東大会で優勝

全国大会も2位

小学5年生の時には日本一にもなったそうです

飛田流輝さん出場していたハーフパイプの大会には

1歳年上の平野歩夢選手もいたとか

平野歩夢選手が、

2014年のソチオリンピックに出場した時には、

新潟のゲレンデで、朝の情報番組の取材に協力し

平野歩夢選手について語るなどしていた飛田流輝さん

じつは、ライバルだった平野歩夢選手が

ソチオリンピックでメダルを獲得し悔しい思いをしていたそうです

そしてこの頃から飛田流輝さんは、

ハーフパイプの選手層の厚さや

自分の持ち味などを考え

スロープスタイルを練習するようになり、

4年後となる

2018年の平昌オリンピックに向けて

ビッグエア、スロープスタイルに転向しました

スポンサードリンク

飛田流輝(スノーボード)の戦歴も調査!【北京オリンピック】


出典:飛田流輝公式Instagram

2016年には、

「KING OF KINGS 2016 in TOYAMA」優勝

「SNOW BANK RAIL JAM」優勝

この後のインタビュー記事によると、

平昌オリンピックではなく

北京オリンピックを目指すと語っていました

そして、平昌オリンピック開催後の

2018/2019シーズンから国際大会

出場しはじめた飛田流輝さん

【2018年】

  • 全日本選手権 スロープスタイル 優勝

【2020年】

  • AIR+STYLE 中国FISワールドカップ ビックエア 5位
  • seiser Alm イタリアFISスノーボードワールドカップ スロープスタイル 2位
  • calgary カナダFISスノーボードワールドカップ 2位
  • 2019~2020シーズン FISスロープスタイルワールドカップ 総合優勝

【2021年】

  • USA Aspen FIS 世界選手権 スロープスタイル 9位
  • USA Aspen FIS世界選手権 ビックエア 4位

という成績を残しました

そんな飛田流輝さん

2020年には、これまで全額補助されていた遠征費が半額負担に

シーズン前にクラウドファンディングなどしましたが

目標額には達成せず

大学4年生ということで

親からは就活を勧められたとか

しかし、2021年1月

不動産会社ウィルレイズと所属契約を締結

北京オリンピック以降も競技を続けられるように!

まずは北京オリンピックで、

「自分の滑りを最大限発揮したい」と語っている飛田流輝さん

北京でもそれ以降でも大活躍間違いなし!ですね

スポンサードリンク

飛田流輝(スノーボード)のビッグエアの動画がスゴい!【北京オリンピック】

飛田流輝さんのインスタグラムにも

スロープスタイルの動画がアップされていましたが

所属するウィルレイズの公式YouTubeチャンネル

1分程度の紹介動画がアップされています

ちなみにスロープスタイルとは

スノーボードで滑走しながら

コース場に配置されたジャンプ台(キッカー)や

ジブアイテムなどでアクロバティックな技をし、

演技ポイントを競い合う種目のこと

スピードに乗ってクルクルと回転する技を見ているだけで

爽快な気分になります

動画を見ると

余裕でジャンプしているように見えますが、

実際、ジャンプ台(キッカー)が大きすぎるのは

怖いらしいです(当たり前ですよね!)

そんな飛田流輝さんは集中力を極限まで高めて競技に挑んでいます

そのため普段と顔つきが変わるんだそうです

ご本人いわく、緊張で顔が変わってる?とか

北京オリンピックでの飛田流輝さんの表情にも注目ですね

スポンサードリンク

まとめ

北京オリンピック スノーボード男子

ビッグエアとスロープスタイルの日本代表

飛田流輝(とびた・るき)さんについてまとめました

  • 1999年5月7日生まれ
  • 年齢22歳(2022年1月現在)日本体育大学スキー部4年生
  • 身長:165cm
  • 体重:50kg
  • 出身地:東京都
  • ウィルレイズ所属
  • 3歳頃から父親の影響でスノーボードをスタート
  • 兄も小学生時代はハーフパイプの大会に出場
  • 中学3年までハーフパイプの選手として活躍しビッグエア、スロープスタイルに転向
  • 2018年には全日本選手権 スロープスタイルで優勝
  • 2019~2020シーズン FISスロープスタイルワールドカップ 総合優勝
  • 2021年 USA Aspen FIS世界選手権 ビックエア 4位

北京オリンピックでの活躍が楽しみですね

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする