ボンビーボーイの東大生のナオキはなぜ貧乏に?一流会社のパイロットを辞めて叶えたい夢がすごい【幸せボンビーガール】

こんにちは!cocoです♪

2021年1月12日放送の「幸せボンビーガール」

東京大学卒のエリートだったナオキさんが

ボンビーボーイとして登場します

大手一流会社のパイロット

を辞めて。。。

家賃3万円の令和版「トキワ壮」に

住むボンビーボーイはなぜ

貧乏になってしまったのでしょうか。。。

元パイロットのボンビー男ナオキさんの夢や

経歴など紹介します

スポンサードリンク

ボンビーボーイの東大生ナオキのシェアハウスでの食費は52円!【幸せボンビーガール】

東大生のボンビーボーイのナオキさんは

京都の令和版「トキワ壮」と呼ばれる

シェアシェアハウスで生活しています

なんと、、、築100年(´;ω;`)というから

驚きです

食費も切り詰めた生活で

1食の食費はなんと。。52円!!

ほんとうにやりたいことのために

ここまで切り詰めて生活している意気込みは

すごいですね!!

シェアハウスでは自分の部屋は

やっと布団が敷ける広さで

キッチンやお風呂は共同だそうです

シェアハウスは5人の住人がいて

全員高学歴!

医者や

天才エンジニアや

トップセールスマン!

ナオキさんの部屋は

天才エンジニアさんの部屋を通りすぎた

約2畳の狭くて寒い部屋です

布団が敷けるギリギリですね。。。

家賃3万円とはすごく安いですが

生活は不自由かもしれません

洋服も寒そうな服しかないもっていないよう

ですが、、、

今欲しいものは

パソコンだそうです~

料理も食べられればいい!

にら玉とご飯と梅干を食べていました

パイロット時代とは

大違いの食生活を送っています

パイロットを辞めてでも

夢をかなえるために頑張っている

ナオキさんの精神力や行動力はすごいですね

東大生のボンビーボーイのナオキはなぜ貧乏に?パイロットを辞めて叶えたい夢次のページからご覧ください

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする